日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アルペンスキー世界選手権 注目は“新旧女王”の一騎打ち

 アルペンスキーの世界選手権が7日(日本時間同20時開始)、スイス・サンモリッツで開幕。

 今大会は右腕など相次ぐ故障からの完全復活を目指す2009年の覇者リンゼイ・ボン(32=米国)、昨季、W杯個人総合優勝を果たしたララ・グート(25=スイス)による新旧女王の一騎打ちに注目が集まっている。

 レースを前に会見したボンは「(グートは)素晴らしいライバルであり、彼女から刺激を受けている。これまで以上に厳しい大会になる」との見通しを明かした。

 一方のグートはボンとの対決をあおるメディアに対して「私は自分の滑りに集中するだけ。自分の納得のいく滑りができれば、結果は付いてくる」と一蹴。女王の貫禄を見せた。

 前哨戦はスイス美女の圧勝と言えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事