白鵬まさかの初戦敗退 稀勢の里フィーバーに集中できず?

公開日:  更新日:

 5日に両国で行われた日本大相撲トーナメント。大方の期待と予想通り、新横綱稀勢の里(30)の優勝で幕を閉じた。

 一方、気になるのが過去優勝4回、前年度覇者でもある白鵬(31)だ。平幕の栃煌山相手に、まさかの初戦敗退。決勝で稀勢の里との対戦を楽しみにしていたファンを失望させた。

 相撲トーナメントはあくまで花相撲。ケガを恐れて、本気を出さない力士も多い。白鵬が優勝を重ねてきたのは横綱としての自負だろう。

 10年の野球賭博問題、11年の八百長騒動と土俵が揺れる中、一人横綱として土俵を支えてきた白鵬。前人未到の優勝37回という偉業も達成し、「我こそが土俵の第一人者」というプライドを持っていた。

 それが、スポットライトは19年ぶりに誕生した和製横綱に集中。今の角界は寝ても覚めても稀勢の里で、この日のトーナメント中継も、明らかに稀勢の里を中心に置き、応援するかのような番組構成だった。そもそも、昇進した経緯からして、白鵬は面白くないに違いない。

 近年は衰えが見えるとはいえ、本気で闘えば平幕にコロッと負けるほど、白鵬は落ちぶれてはいない。熱気に水を差した初戦敗退は、「稀勢の里フィーバー? 勝手にやってろ」というメッセージかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る