日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

30歳で昇進 “遅咲きの横綱”稀勢の里は短命か長期政権か

 稀勢の里(30)といえば、大のアメフト好き。2013年にはライスボウルのテレビ解説のゲストとして呼ばれたこともある。6日のスーパーボウルもテレビ観戦。中でも大逆転劇を演じたペイトリオッツのQB、39歳のブレイディに刺激を受け、「科学が進化している。体が強くて経験があれば何でもできる」と話していた。

 では、稀勢の里は何歳まで土俵を務められるのか。年6場所制となった1958年以降、30歳を過ぎて横綱に昇進したのは稀勢の里の先代師匠である隆の里、琴桜、三重ノ海、旭富士(現伊勢ケ浜親方)の4人。この中で最も在位が長かった隆の里でも15場所だ。琴桜、三重ノ海は8場所、旭富士は9場所と、2年持たずに引退。

■ご飯は茶碗1杯

 それだけではない。大鵬、柏戸、最近でも貴乃花(現理事)が引退したのはいずれも30歳だった。7月には北の湖が土俵を下りた年齢と同じ31歳になる稀勢の里。あるベテラン相撲記者は「短命に終わる心配はないでしょう」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事