日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評価急落レスター岡崎 日本代表からもフェードアウト寸前

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)のセビリア(スペイン)とレスター(イングランド)との第1レグ(日本時間23日午前5時開始)で日本代表FW岡崎慎司(30)の落ち目ぶりが際立った。先発から外され、常にリードを許す試合展開なのに結局、お呼びがかからなかったからである。

 ホームのセビリアが2-0とリードして迎えた後半28分。レスターMFドリンクウォーターのクロスにFWヴァーディが好反応。右足インサイドでズドンと押し込んだ。

 昨シーズンの英プレミアリーグ優勝の立役者による連係で息を吹き返したレスター。同点を狙って岡崎の出番! と思われたが、ラニエリ監督は後半43分、MFオルブライトンに代わってDFアマーティを投入した。指揮官は1点差で試合を終わらせ、地元での第2レグ(3月15日)で奮起して勝ち抜けを狙うことを選択。岡崎を投入しても同点ゴールの可能性は低いと判断したというワケなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事