• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欧州CL ドルトムント敗戦が香川のレギュラー復帰後押しか

 ドルトムントの欧州チャンピオンズリーグ(CL)ベスト8進出に暗雲が垂れ込めた。ベンフィカ(ポルトガル)の地元で行われた第1レグ(日本時間15日午前5時キックオフ)を0―1で落としてしまったのである。

 もっとも、この日の敗戦はベンチウオーマーだった日本代表MF香川真司(27)にとっては、快事と言ってもいいかも知れない。某サッカーライターがこう言うのだ。

「ドルトムントは国内リーグで4位に付けているが、首位バイエルンとの勝ち点差は15。優勝争いからは完全に置いていかれている。指揮官トゥヘルの不可解な選手起用が目立ち、試合内容自体も悪い。11日にはリーグ最下位のダルムシュタットに敗れ、ベンフィカ戦もリードされた後、有効な打開策を講じないで敗れ去った。ドイツではCLベスト8を逃すとトゥヘルのクビが飛ぶ可能性が高いといわれ、監督交代で香川の出場機会が増えることが予想される」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る