強風が後押しも…巨人・岡本“待望の1号”で開幕スタメンM4

公開日: 更新日:

 巨人の岡本和真(20)に待望の一発が飛び出した。

 小雪が舞う悪条件の中で行われた7日の中日とのオープン戦。二回、村田が実戦8試合目にしてチーム1号を放つと、続く岡本は136キロの直球を左翼席に運んだ。完璧な当たりではなかったものの、左翼方向への強風が後押しした。

 この日は左翼で先発。来日2年目のギャレットとのポジション争いの渦中にいるが、高卒3年目の和製大砲に求められるのは、やはり本塁打。高橋監督は「打ってくれさえすればポジションは後から考える」と、ことあるごとに要望を出している。とはいえ、一体どれだけ打てば及第点なのか。開幕スタメンの座をゲットできるのか。目標値があるに越したことはない。キャンプ中、村田ヘッドコーチはこう話している。

「岡本は打たなあかん立場。オープン戦は打率3割、ホームラン5本がノルマになるやろうな。きついとは思うけど、それくらい打たんと。いくらフリー打撃で打ってもダメ。実戦でどれだけ打てるか。(坂本)勇人が出てきた時のように、(首脳陣に)また使いたいと思わせることが大事なんや」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  8. 8

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る