強風が後押しも…巨人・岡本“待望の1号”で開幕スタメンM4

公開日:  更新日:

 巨人の岡本和真(20)に待望の一発が飛び出した。

 小雪が舞う悪条件の中で行われた7日の中日とのオープン戦。二回、村田が実戦8試合目にしてチーム1号を放つと、続く岡本は136キロの直球を左翼席に運んだ。完璧な当たりではなかったものの、左翼方向への強風が後押しした。

 この日は左翼で先発。来日2年目のギャレットとのポジション争いの渦中にいるが、高卒3年目の和製大砲に求められるのは、やはり本塁打。高橋監督は「打ってくれさえすればポジションは後から考える」と、ことあるごとに要望を出している。とはいえ、一体どれだけ打てば及第点なのか。開幕スタメンの座をゲットできるのか。目標値があるに越したことはない。キャンプ中、村田ヘッドコーチはこう話している。

「岡本は打たなあかん立場。オープン戦は打率3割、ホームラン5本がノルマになるやろうな。きついとは思うけど、それくらい打たんと。いくらフリー打撃で打ってもダメ。実戦でどれだけ打てるか。(坂本)勇人が出てきた時のように、(首脳陣に)また使いたいと思わせることが大事なんや」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る