今季は二塁で出番増も 阪神・鳥谷は遊撃との“呼吸”が課題

公開日: 更新日:

 遊撃のレギュラー奪回を狙う鳥谷の「新居」が決まった。阪神は8日のオープン戦でロッテと対戦。「3番・二塁」でスタメン出場した鳥谷は2安打したが、守りでは2失策。「合わせられたバウンドだったのに」と悔やんだ。

 本職の遊撃は打撃好調の北條でほぼ決まり。今季の鳥谷は二塁での出番が多くなりそうだ。

 問題は「キーストーン・コンビ」(二塁手と遊撃手のコンビの名称)の呼吸。二塁手と遊撃手は、併殺の時に相手の動きをいちいち見ていない。二塁ベースが自分の右側にある二塁手は、一、二塁間の打球を捕る際、遊撃手が視界から消える。息の合ったコンビなら相手の動きやタイミングは体と頭が覚えている。二塁手は捕ったら素早く二塁ベース上に投げれば、遊撃手がドンピシャのタイミングで併殺を完了させる。かつて中日で「アライバ」といわれた荒木と井端のコンビがそうだった。

 金本監督はこの日の鳥谷について「(二塁と)遊撃は動きが全く逆になる。たくさんノックを受けてほしい」と言った。それ以上に、遊撃のポジションを奪われたライバルとの併殺練習も増やした方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る