日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季は二塁で出番増も 阪神・鳥谷は遊撃との“呼吸”が課題

 遊撃のレギュラー奪回を狙う鳥谷の「新居」が決まった。阪神は8日のオープン戦でロッテと対戦。「3番・二塁」でスタメン出場した鳥谷は2安打したが、守りでは2失策。「合わせられたバウンドだったのに」と悔やんだ。

 本職の遊撃は打撃好調の北條でほぼ決まり。今季の鳥谷は二塁での出番が多くなりそうだ。

 問題は「キーストーン・コンビ」(二塁手と遊撃手のコンビの名称)の呼吸。二塁手と遊撃手は、併殺の時に相手の動きをいちいち見ていない。二塁ベースが自分の右側にある二塁手は、一、二塁間の打球を捕る際、遊撃手が視界から消える。息の合ったコンビなら相手の動きやタイミングは体と頭が覚えている。二塁手は捕ったら素早く二塁ベース上に投げれば、遊撃手がドンピシャのタイミングで併殺を完了させる。かつて中日で「アライバ」といわれた荒木と井端のコンビがそうだった。

 金本監督はこの日の鳥谷について「(二塁と)遊撃は動きが全く逆になる。たくさんノックを受けてほしい」と言った。それ以上に、遊撃のポジションを奪われたライバルとの併殺練習も増やした方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事