今季は二塁で出番増も 阪神・鳥谷は遊撃との“呼吸”が課題

公開日:  更新日:

 遊撃のレギュラー奪回を狙う鳥谷の「新居」が決まった。阪神は8日のオープン戦でロッテと対戦。「3番・二塁」でスタメン出場した鳥谷は2安打したが、守りでは2失策。「合わせられたバウンドだったのに」と悔やんだ。

 本職の遊撃は打撃好調の北條でほぼ決まり。今季の鳥谷は二塁での出番が多くなりそうだ。

 問題は「キーストーン・コンビ」(二塁手と遊撃手のコンビの名称)の呼吸。二塁手と遊撃手は、併殺の時に相手の動きをいちいち見ていない。二塁ベースが自分の右側にある二塁手は、一、二塁間の打球を捕る際、遊撃手が視界から消える。息の合ったコンビなら相手の動きやタイミングは体と頭が覚えている。二塁手は捕ったら素早く二塁ベース上に投げれば、遊撃手がドンピシャのタイミングで併殺を完了させる。かつて中日で「アライバ」といわれた荒木と井端のコンビがそうだった。

 金本監督はこの日の鳥谷について「(二塁と)遊撃は動きが全く逆になる。たくさんノックを受けてほしい」と言った。それ以上に、遊撃のポジションを奪われたライバルとの併殺練習も増やした方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る