原口、梅野、坂本、岡崎が横一線 阪神“正捕手争い”の盲点

公開日:

 競争といえば聞こえはいい。しかし、キャンプも終盤に入りつつあるのに一向に先が見えてこない阪神の正捕手問題については、不安要素が少なくない。

 19日に行われた日本ハムとの練習試合で、スタメンマスクをかぶったのは梅野(25)。途中から坂本(23)が入った。昨季、打率.299、11本塁打、46打点で正捕手に最も近い存在といえる原口(24)は、一塁での出場。一軍キャンプメンバーで最年長捕手の岡崎(33)も、試合出場はなかったが、レギュラーの座を狙っている。

 矢野作戦兼バッテリーコーチが報道陣に語った正捕手の条件は「総合力」であり、「プラスアルファ。人より何か一つ優れているものを見せて欲しい」というもの。現状では誰もが決め手に欠けるということなのだろうが、総合力に優れ、なおかつ一芸に秀でている捕手なんて12球団を見渡しても数えるほど。このままでは正捕手が決まらない状況が続きそうな気配なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る