原口、梅野、坂本、岡崎が横一線 阪神“正捕手争い”の盲点

公開日: 更新日:

 競争といえば聞こえはいい。しかし、キャンプも終盤に入りつつあるのに一向に先が見えてこない阪神の正捕手問題については、不安要素が少なくない。

 19日に行われた日本ハムとの練習試合で、スタメンマスクをかぶったのは梅野(25)。途中から坂本(23)が入った。昨季、打率.299、11本塁打、46打点で正捕手に最も近い存在といえる原口(24)は、一塁での出場。一軍キャンプメンバーで最年長捕手の岡崎(33)も、試合出場はなかったが、レギュラーの座を狙っている。

 矢野作戦兼バッテリーコーチが報道陣に語った正捕手の条件は「総合力」であり、「プラスアルファ。人より何か一つ優れているものを見せて欲しい」というもの。現状では誰もが決め手に欠けるということなのだろうが、総合力に優れ、なおかつ一芸に秀でている捕手なんて12球団を見渡しても数えるほど。このままでは正捕手が決まらない状況が続きそうな気配なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る