元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

ヘーレンフェーン小林祐希<上>「サッカーIQが上がった」

公開日:

 国際Aマッチ152試合の大記録を持つ遠藤保仁(G大阪)の後、日本代表のボランチは独ブンデスリーガの日本人最多出場記録を樹立した33歳の長谷部誠(フランクフルト)が支えている。同ポジションには山口蛍(C大阪)、井手口陽介(G大阪)もいるが、2人とも守備的なタイプ。攻撃的ボランチとして存在感を増しているのがヘーレンフェーンの小林祐希(24)だ。近未来の司令塔候補をオランダで直撃した。

 ◇  ◇  ◇

 16年6月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で代表デビューし、11月のオマーン戦で代表初得点を挙げたレフティーの、クラブでの定位置は、ボランチである。

「『俺は10番だ』というプライドはあるけど、ホントに輝けるのはどこだろ? と、ここ1、2年で考え始めた。10番のポジション(トップ下)よりも、1列後ろの方が生きるかも知れない、と。実際、代表で試合に出られるんだったら、俺はどこでもやりますよ。オランダでサッカーIQが上がってきたと思うし、試合中にピッチ全体を見る力や冷静さも身に付いてきたと感じるから。『おまえはどこでもやれるから頼むよ』と言われる選手になりたいですね」と幼少期から磐田時代までトップ下に君臨してきた24歳の男は、心境の変化を素直に吐露する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る