• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

ヘーレンフェーン小林祐希<下>「フィニッシャーの意識を」

 日本代表の攻撃的ボランチのレギュラー有力候補に躍り出た小林祐希。本人も「ハリル(ホジッチ代表監督)はボランチで考えているのかな」と、この位置でスタメン定着を目指すつもりでいる。とはいえ「10番に強いこだわりがある」と口にしている通り、トップ下で勝負したい気持ちもあるはずだ。日本代表でその役割を長く担ってきた香川真司が独ドルトムントで出番を減らし、清武弘嗣(C大阪)も2月にJリーグに復帰した。新司令塔候補としても期待される小林の現地直撃インタビュー第2弾だ。

 ◇  ◇  ◇

「キヨ(清武)君がJに復帰しましたけど、サッカー選手はどこでプレーしていても絶対に成長はある。相手選手のギャップ(間)でボールを受けて、失わない技術の高さは日本人ではピカイチだし、真司君も欧州で凄い実績がある。俺が入り込むのは、そう簡単じゃないと思います」と自分の現在地を冷静に客観視する小林は、欧州の監督が求めるトップ下像と磐田時代にやっていたプレーについて「ズレがある」と自己分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る