侍J野手陣オープン戦で大暴れ WBC帰国で“水を得た魚”に

公開日: 更新日:

 オープン戦最終日の26日、31日の公式戦開幕に向けてWBC組が出場。中でも野手陣の活躍が目立った。

 松田(ソフトバンク)、平田(中日)がいきなり本塁打を放てば、中田(日本ハム)も初回に適時打。坂本(巨人)も内角の変化球を巧みにライト前に安打した。

 3月の強化試合での死球で右足小指を骨折していた秋山(西武)も復帰戦の25日のDeNA戦でいきなり3打点。足腰に痛みを抱えながらプレーしていた中田はこの日「正直、体調は万全ではない」としながらも、「WBCであれだけの試合をやっているので試合勘は問題ない」と言えば、米国との準決勝で決勝点を献上するミスをし、メンタル面での影響が心配された松田も、「一本出てよかった」と、前を向いた。

 2月22日に宮崎に集合してから1カ月はWBCに専念。激闘を戦い終えての肉体的、精神的疲労は誰しも抱えており、今も時差ボケに悩まされている選手もいる。それでもWBCでの経験がペナントでも必ずや生きるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る