2号ソロで打率5割 “打者大谷”成長理由は技術より意識改革

公開日: 更新日:

 この日の1打席目はスタンリッジの内角の落ちる変化球に苦しんで三振を喫したが、次の打席は同じ球を2球続けてファウルで粘った末に、甘く入った内角球を二塁打にした。あえて勝負球を狙うことで、相手にダメージを与える意図に違いない。

「技術的には昨季からそう変わっていない。成長したのは考え方」と話すのは金子打撃コーチだ。

「昨季はバットを積極的に振りにいった結果、相手投手が(ボール球などで)勝負しなくても(自分に不利な)カウントをつくってしまうことが少なくなかった。今季は得意球、苦手な球を整理した上で、狙い球をベンチにいる時から考えている。じっくりと打席をつくれるようになった。まあ、まだ5試合目。今後は相手の攻め方も変わるだろうし、シーズンが続けば体力も消耗する。調子が落ちた時に、どう復調させるかが課題ですよ」

「投手大谷」は休業状態でも、「打者大谷」の成長はとどまるところを知らないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る