日ハム栗山監督が示唆 大谷の“早期二刀流復帰”はブラフか

公開日: 更新日:

 大谷翔平(22)の投手としての早期復帰を示唆しているのが日本ハムの栗山監督。「いけるならいく」と、中継ぎや抑えとして4月中にも登板させる可能性をにおわせている。

 右足首の故障で調整が遅れている大谷は、開幕は野手で出場する。オープン戦9試合で4本塁打。打者としては絶好調だが、全力疾走を禁止されるなど、右足首は完治していない。いまだ痛みが残っているという話もある。それでも4月中に投げられるのか。さる日本ハムOBがこう言った。

「実際問題として無理ですよ。足首を痛め、下半身が十分できていない状態で投げれば、どうしても上体に頼ったフォームになる。肩肘に負担がかかるのは火を見るより明らかです。まして勝負どころのリリーフなんてことになれば、飛ばすだけ飛ばすし、故障につながる危険もある。メジャー挑戦を視野に入れている大谷を預かる現場もフロントも、それだけは避けたい。投手にとって肩肘の故障は命取りですからね。下半身がきちんとできるまでは、本格的な投球練習にもブレーキをかけるはずです。それに今年の日本ハムのリリーフ陣は層が厚い。増井(32)が後ろに回るだけでなく、3年目の石川(20)や巨人からトレードで獲得した公文(25)も戦力になりますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る