• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2号ソロで打率5割 “打者大谷”成長理由は技術より意識改革

 試合には負けたが、バットで見せたのが日本ハムの大谷翔平(22)だ。

 5日のロッテ戦は4打数2安打2打点。六回の2号ソロは、打った瞬間、それと分かる痛烈なライナー性の打球だった。

 試合後は「(先頭打者で凡打に倒れた九回は)しっかり塁に出ていれば、また違う展開になったかもしれなかった」と唇を噛んだものの、開幕5試合で2本塁打、20打数10安打の打率5割。3割20本をクリアした昨季と比べて成長したのか。城石打撃コーチは「前の打席でやられたボールを積極的に狙っている意図は見えます」と、こう話す。

「例えば、西武との開幕戦。1打席目は菊池雄星の内角への意識付けに苦しんで三振。しかし、2打席目はその内角球を右翼に打ち返した。こうした打撃は経験がものをいう。この調子で経験を重ねれば、ますます成長していくでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事