6点勝ちも喜べず…ハム貧打は中田翔&レアードが“戦犯”

公開日: 更新日:

 勝っても素直に喜べない――日本ハムの栗山監督はそんな心境ではないか。

 開幕カードで1点、3点、3点と貧打にあえいだ打線が、4日は一挙に6得点。しかし、その内容は決して褒められたものではなかった。得点はいずれもロッテの失策や四死球絡み。相手の自滅に助けられたと言っても過言ではないからだ。

 栗山監督は3打点の近藤と先発の高梨は褒めつつ、「まだまだ打線になっていない」と苦い顔だった。打線をプツンとぶった切っているのはチーム最高年俸の2人。2億8000万円の4番中田と、オフに2年6億円の契約を結んだ6番レアードだ。

 いずれも開幕カードでは打率1割を切り、この日も無安打。中田は失策と四球で4度、レアードも四死球で2度出塁したが、主砲と助っ人の仕事としては物足りない限り。中田に至っては開幕4試合で打点ゼロである。ある球団OBは「中田もヒドいが、それ以上に問題なのはレアードですよ」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る