権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

菅野の準決勝“圧巻投球”はスライダーを捨てたからこそ

公開日:

 今大会で世界に名前を売った千賀(24=ソフトバンク)に、「荒れ球はおまえの持ち味。ただし、ボールが左右に荒れるのはいかん。ストライクゾーンの高低に荒れれば武器になるから、そのために腕を上から真っすぐ振り下ろせ」とアドバイスした。侍ジャパンのメンバーに名を連ねるような日本を代表する投手に、細かな技術的な指導など必要ない。

 米国との準決勝の先発マウンドを託した菅野(27=巨人)にはこう伝えた。

「真っすぐでどんどん攻める。スライダーに頼るのはもうなしだ」

 菅野は日本のエース。当然、今回のWBCでは先発陣の柱だと考えていた。しかし、2次ラウンドのキューバ戦で4回4失点。1次ラウンドの豪州戦でも五回途中を1失点に抑えながら、二回に先制の本塁打を浴びるなど、完璧主義者の本人が納得できるようなピッチングができなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る