権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

菅野の準決勝“圧巻投球”はスライダーを捨てたからこそ

公開日: 更新日:

 今大会で世界に名前を売った千賀(24=ソフトバンク)に、「荒れ球はおまえの持ち味。ただし、ボールが左右に荒れるのはいかん。ストライクゾーンの高低に荒れれば武器になるから、そのために腕を上から真っすぐ振り下ろせ」とアドバイスした。侍ジャパンのメンバーに名を連ねるような日本を代表する投手に、細かな技術的な指導など必要ない。

 米国との準決勝の先発マウンドを託した菅野(27=巨人)にはこう伝えた。

「真っすぐでどんどん攻める。スライダーに頼るのはもうなしだ」

 菅野は日本のエース。当然、今回のWBCでは先発陣の柱だと考えていた。しかし、2次ラウンドのキューバ戦で4回4失点。1次ラウンドの豪州戦でも五回途中を1失点に抑えながら、二回に先制の本塁打を浴びるなど、完璧主義者の本人が納得できるようなピッチングができなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る