日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

牧田を抑えで使うと決めると西武関係者にこう頼んだ

 WBCの開幕戦。11-6とキューバをリードして迎えた九回のマウンドに牧田(32=西武)を送った。八回裏に日本代表攻撃陣が貴重な2点を追加し、差は5点。セーブがつかない場面だが、投入に迷いはなかった。

■菅野のストッパーも考えた

 侍ジャパンが実際に始動するまでは正直、迷っていた。メンバー表を眺めながら、抑えを誰にするか、そればかりを考える毎日。過去の反省から、リリーフの専門家を多く代表に加える布陣を敷いた。これなら戦えると自負する顔ぶれで、誰にもストッパーを務める能力はあったが、かつての大魔神佐々木のような絶対的な存在まではいかない。先発のエース格と考えていた菅野(27=巨人)を場合によっては配置転換しようなどと考えながら、2月の12球団キャンプ視察に向かった。

 これだ! と思ったのは、西武のキャンプ地・宮崎県の南郷を訪れたときだった。小久保監督とともにブルペンを視察、アンダースローから浮き上がるような真っすぐを投げる牧田の投球練習を見て、「抑えでいける」と即決した。小久保監督も同意見だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事