• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

「平野に準備させてます」と言うと小久保監督がうなずいた

 2次ラウンドのオランダ戦だった。6-5で迎えた五回から登板した3番手の千賀(24=ソフトバンク)がベンチに戻ってくるなり、「もうダメです。無理です。勘弁してください」と言った。

 代わりっぱなに連打で無死二、三塁の大ピンチを招きながら、オランダの3番、4番を連続三振に切って取るなど無失点。六回のマウンドも任せようと「次も行くぞ!」と声をかけると、首を大きく横に振るのだ。

「おまえが行かないで誰が行くんだ!」

 そう尻を叩いても、

「無理ですよー」

 と言って聞かない。

 ここが勝負どころと見た私は、

「ダメだったらすぐに代えてやる。おまえの球なら大丈夫だ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事