• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

単独首位の星野陸也 楽々300ヤード飛ばす二十歳の素顔

【東建ホームメイトカップ 初日】

 昨夏にプロ転向し、最終QT1位資格でツアーに出場する星野陸也(20)が、初日66で回り単独トップに立った。

 今季は1月にあったアジアンツアーとの共催大会SMBCシンガポールオープン6位、レオパレス21ミャンマーオープン9位と2大会連続でトップ10入りの活躍を見せて現在賞金ランクは11位。先週のチャレンジツアーでは逆転でプロ初優勝を遂げている。

 米ツアーで戦う石川遼と同じマネジメント事務所で、オフには沖縄で一緒に練習する仲。武器はドライバーだ。昨年9月に出場したダイヤモンドカップでは4日間平均306・5ヤードの記録を残している。

 イン発進の初日は17番パー5(518ヤード)の2打目が残り187ヤード。これを8番アイアンでピンそば2メートルにつけてイーグルを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事