一塁転向を推す声も…西武・栗山「2000安打」への障害

公開日:  更新日:

 16日はロッテに10-2で快勝した西武。しかし、手放しで喜んでばかりもいられない。

 14日、右ふくらはぎの張りを訴えて途中交代した主力の栗山(33)が、この日は欠場。診断結果は軽い炎症で、登録抹消はせずに1、2日、様子を見ることになった。

 ある球団OBは「問題はいつまで栗山に左翼を守らせるかです」と、こう話す。

「球団は人気選手の栗山に是が非でも2000安打を達成してもらいたい。残り432安打。安打製造機の栗山なら十分可能な数字ですからね。ただ、すでに33歳。これまで大きなケガがなかった下半身にも、今回のように故障が出てくる年齢です。おまけに本拠地球場は、下半身に負担のかかる人工芝。守備範囲の広い外野手には、なおさら酷です。ベテランの栗山をこのまま左翼で使い続ければ、若手外野手の育成にも支障が出てくるでしょう。それやこれやで球団内では『一塁かDHで打撃に専念させるべき』という声も出ていますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る