一塁転向を推す声も…西武・栗山「2000安打」への障害

公開日:  更新日:

 16日はロッテに10-2で快勝した西武。しかし、手放しで喜んでばかりもいられない。

 14日、右ふくらはぎの張りを訴えて途中交代した主力の栗山(33)が、この日は欠場。診断結果は軽い炎症で、登録抹消はせずに1、2日、様子を見ることになった。

 ある球団OBは「問題はいつまで栗山に左翼を守らせるかです」と、こう話す。

「球団は人気選手の栗山に是が非でも2000安打を達成してもらいたい。残り432安打。安打製造機の栗山なら十分可能な数字ですからね。ただ、すでに33歳。これまで大きなケガがなかった下半身にも、今回のように故障が出てくる年齢です。おまけに本拠地球場は、下半身に負担のかかる人工芝。守備範囲の広い外野手には、なおさら酷です。ベテランの栗山をこのまま左翼で使い続ければ、若手外野手の育成にも支障が出てくるでしょう。それやこれやで球団内では『一塁かDHで打撃に専念させるべき』という声も出ていますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る