日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨季10失策の浅村も覚醒 辻改革で西武“堅守”復活の兆し

 101――。これ、昨季の西武の失策数である。もちろん、12球団ワースト。15年の91失策と併せて、2年連続リーグ最多という不名誉な記録を残した。

 そんな西武に今季、変化が見られる。まだ、始まったばかりとはいえ、開幕から8試合の失策数は12球団最少の2。チーム防御率2.54もトップで、投手を含めたディフェンス力に改善の兆しが表れているのだ。

「監督が代わって守備に対する意識も変わった」と、昨年、二塁で10個のエラーを記録した浅村栄斗(26)が続ける。

「練習の中で守備に割く時間が長くなりました。監督がゴールデングラブ賞を何度も取っている方なので、足の運び方やボールに入る姿勢を教えてもらっています。すごく基本的なことですけど、あらためてそこへの意識を持っていくことが大事だなと。後輩、特にソウ(ドラフト3位新人の源田壮亮)が落ち着いて守備をしているのも良い刺激だし、負けられないという危機感もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事