• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

背中痛で12アンダーV 吉田弓美子“難コース”川奈での勝因

【フジサンケイレディス 最終日】

「3日間とも名物の強風が吹かなかったとはいえ今年はイーブンパーで予選落ち。優勝スコアは12アンダーですからね。女子プロのレベルは上がっていますよ」

 こう語るのは、試合会場近くの伊東市富戸で育ち、大会を現地観戦した石井明義プロだ。

 9アンダー首位タイ発進の吉田弓美子(29)は大会期間中、背中の痛みを抑える薬を服用しながらプレー。2日目終了後には「正直、どこでやめようかと思っていた」ほど。最終日も「呼吸すると痛かったので厳しいかなと思った」そうだ。それが69で回り、アナウンサーが「難攻不落」と言った川奈で通算12アンダーを記録。ツアー6勝目を挙げたわけだが、男子プロの開催コース(81~04年・パー71)だった頃から川奈を知るゴルフファンには物足りない展開ではなかったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る