背中痛で12アンダーV 吉田弓美子“難コース”川奈での勝因

公開日:  更新日:

【フジサンケイレディス 最終日】

「3日間とも名物の強風が吹かなかったとはいえ今年はイーブンパーで予選落ち。優勝スコアは12アンダーですからね。女子プロのレベルは上がっていますよ」

 こう語るのは、試合会場近くの伊東市富戸で育ち、大会を現地観戦した石井明義プロだ。

 9アンダー首位タイ発進の吉田弓美子(29)は大会期間中、背中の痛みを抑える薬を服用しながらプレー。2日目終了後には「正直、どこでやめようかと思っていた」ほど。最終日も「呼吸すると痛かったので厳しいかなと思った」そうだ。それが69で回り、アナウンサーが「難攻不落」と言った川奈で通算12アンダーを記録。ツアー6勝目を挙げたわけだが、男子プロの開催コース(81~04年・パー71)だった頃から川奈を知るゴルフファンには物足りない展開ではなかったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る