• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米で“4A選手”の典型が現在2冠 ペゲーロは楽天が安住の地

「自分にとっては驚きではないよ」

 楽天のカルロス・ペゲーロ(30)は語気を少し強めてこう言った。米メディアから「こんなにも好調でみんなが驚いている」と質問されたときのことだ。

 今季は開幕から2番を打ち、7本塁打、21打点はリーグ2冠。打率も.316と優秀で、最強の2番打者としてチーム首位の原動力となっている。ペゲーロは言う。

「日本で昨年途中からプレーをして、自分が何ができるかできないかが分かった。去年のプレー経験が生きている。今は一試合、一試合を全力を尽くし、そして楽しんでプレーをしているよ」

 首脳陣は本人の努力の成果だと感じている。池山打撃コーチが言う。

「打撃練習では『内角にストレートを投げてくれ』と自分から言ってくることもある。日本の野球を知ろう、適応しようという姿勢が伝わってくる。力のある打者だから内角攻めは避けられない。日本で成功するためには内角への対応が大事だと自覚している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る