米で“4A選手”の典型が現在2冠 ペゲーロは楽天が安住の地

公開日:

「自分にとっては驚きではないよ」

 楽天のカルロス・ペゲーロ(30)は語気を少し強めてこう言った。米メディアから「こんなにも好調でみんなが驚いている」と質問されたときのことだ。

 今季は開幕から2番を打ち、7本塁打、21打点はリーグ2冠。打率も.316と優秀で、最強の2番打者としてチーム首位の原動力となっている。ペゲーロは言う。

「日本で昨年途中からプレーをして、自分が何ができるかできないかが分かった。去年のプレー経験が生きている。今は一試合、一試合を全力を尽くし、そして楽しんでプレーをしているよ」

 首脳陣は本人の努力の成果だと感じている。池山打撃コーチが言う。

「打撃練習では『内角にストレートを投げてくれ』と自分から言ってくることもある。日本の野球を知ろう、適応しようという姿勢が伝わってくる。力のある打者だから内角攻めは避けられない。日本で成功するためには内角への対応が大事だと自覚している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る