• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“左おっつけ”使えるのか 横綱稀勢の里「夏場所」への不安

 ようやく、決断を下した。

 11日、横綱稀勢の里(30)が5月場所の出場を明らかにした。この日は稽古を休み、代わって田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が報道陣に対応。「出場します。休場はしません。本人と話して、今朝決めた」と、横綱の意思を伝えた。

 稀勢の里は先場所、左上腕と左大胸筋を損傷し「1カ月の療養が必要」と診断された。回復具合を慎重に見極めながら、14日初日の5月場所出場の可能性を探っていた。

 決断の決め手となったのは、10日の時津風部屋への出稽古だろう。ここで稀勢の里は得意の左おっつけを、負傷以来、初めて解禁した。

 田子ノ浦親方は「ファンは横綱の相撲を見にきている」とも話している。横綱の相撲とはすなわち、優勝争い。責任感の強い稀勢の里だけに、それも十分可能と踏んだ上での出場だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る