“左おっつけ”使えるのか 横綱稀勢の里「夏場所」への不安

公開日: 更新日:

 ようやく、決断を下した。

 11日、横綱稀勢の里(30)が5月場所の出場を明らかにした。この日は稽古を休み、代わって田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が報道陣に対応。「出場します。休場はしません。本人と話して、今朝決めた」と、横綱の意思を伝えた。

 稀勢の里は先場所、左上腕と左大胸筋を損傷し「1カ月の療養が必要」と診断された。回復具合を慎重に見極めながら、14日初日の5月場所出場の可能性を探っていた。

 決断の決め手となったのは、10日の時津風部屋への出稽古だろう。ここで稀勢の里は得意の左おっつけを、負傷以来、初めて解禁した。

 田子ノ浦親方は「ファンは横綱の相撲を見にきている」とも話している。横綱の相撲とはすなわち、優勝争い。責任感の強い稀勢の里だけに、それも十分可能と踏んだ上での出場だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る