出るのか休場か…稀勢の里「5月場所」へ不得要領なワケ

公開日: 更新日:

「5月場所は休場した方がいいのでは……」

 角界のみならず、ファンの間からも心配されているのが、横綱稀勢の里(30)だ。

 先場所の日馬富士戦で左上腕と左胸の筋肉を損傷し、全治1カ月の大ケガ。それでも14日に初日を迎える5月場所への調整に余念はなく、9日は前日から2日連続となる二所ノ関一門の連合稽古に参加した。

 琴奨菊と10番取るなど順調に回復しているようには見えるが、まだケガの影響が残っているのだろう。得意の左おっつけは一度も見せず、8日の稽古を見た北の富士(元横綱)も、「左を使ってない。(万全の状態には)遠いねえ。休む手もある」と休場を促していた。

 周囲が心配するのもうなずけるが、実は稀勢の里は「5月場所に出る」とは、一度も明言していない。あくまで淡々と稽古をこなしているだけなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る