6試合で48失点…広島“投壊”の原因を畝投手コーチが指摘

公開日:

 さしずめ「神宮バッティングセンター」といったあんばいだった。

 11日のヤクルト戦は12失点と大敗の広島。前日も試合には勝ったが7失点。3タテを食ったその前の阪神3連戦は計26失点。ここ6試合で48失点と投手陣が打ち込まれている。

 緒方監督は「いつまでも下を向いているわけにはいかない」と話したが、「投壊」は何が原因か。畝投手コーチはこう言う。

「四球が(リーグで)一番多いというのが問題で、自滅のような形になっている。技術的な問題より精神的な方が大きい。投手陣みんなが、打たれれば打たれるほど自分が抑えなくてはという気持ちになって、どんどん追い込まれる形になっている。一度、話し合おうということで、阪神戦のときに監督を交えて選手たちとミーティングをしました」

 しかし、緊急ミーティングの甲斐もなく、ヤクルトに負け越し。11日現在は2位だが、3位巨人との差は1ゲームに縮んだ。畝コーチは「配置転換のようなことまでは、今のところ考えていない」と言うが、打率.274(12球団トップ)と打ちまくってもザルで水をすくうようなもの。対策を講じなければ、野手も息切れしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る