• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“準メジャー”で初日31パット…松山英樹が課題また露呈

【ザ・プレイヤーズチャンピオンシップ】

 優勝賞金189万ドル(約2億円)と5年シードが手に入る準メジャーと位置付けられる今大会。

 4年連続出場の松山英樹(25)は昨年、優勝したジェイソン・デイと最終日最終組でプレーして7位に終わったが、コースとの相性は悪くない。

「スタートが良かったのでアンダーで回りたかった」(松山)という初日は、ピンタイプのエースパターではなく、センターシャフトのマレットタイプで臨み、グリーン上で悩まされた。

 イン発進の出だし10番パー4は、2打目がガードバンカーにつかまり、脱出も6メートルと寄らなかった。それでも長いパーパットを沈めた。

 すると続く11番1メートル、12番1.5メートルの連続バーディーパットを決める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事