• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
門倉健
著者のコラム一覧
門倉健野球解説者

1973年7月29日、埼玉県入間市生まれ。聖望学園高から東北福祉大。95年に中日から2位指名。近鉄、横浜と渡り歩き、06年シーズン後にFAで巨人へ移籍。09年に大リーグ・カブスから韓国のSK、サムスン。北海道の社会人野球チーム・聖ケ丘病院硬式野球部で12年限りで現役を引退。13~15年、サムスンで一軍投手コーチ、ブルペンコーチを歴任。現在は野球解説者の傍ら、動物愛護活動なども行う。近況は「アメーバ・オフィシャルブログ」を参照。

巨人FA移籍1年目の開幕直前“決起集会” 由伸からの贈り物

 巨人の監督に就任して2年目のシーズンに突入している高橋由伸監督(42)。2歳年下だから当時のように由伸と言わせてもらう。07年にボクが巨人にFA入団した時の最も印象深い一人である。

 FAや移籍選手とコミュニケーションを取るのが実に自然でうまい。実力に裏付けされた「自分は負けない」という自信にあふれていた。

 ボクの巨人1年目の開幕前に行われた決起集会で、こんなことが起きた。新参者の私は挨拶をするよう促された。何を言おうかと考えながら前へ出ると、そこへ由伸がするするっとやってきて「門倉さんにプレゼントがあります」と言う。驚いて「なになに?」と聞くと、「これです。どうぞ!」とゴーヤ2本を差し出されたのだ。「は? これどうすんだよ?」と返すと、由伸はケラケラ笑ってこう答えた。

「だって門倉さん、ゴーヤみたいでしょ! これ、面白くないですか?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事