平幕力士が虎視眈々 稀勢の里を追い詰める1824万円懸賞金

公開日: 更新日:

 手負いの横綱に「初日」が出た。

 15日、横綱稀勢の里(30)が隠岐の海を下し、5月場所初白星を挙げた。左上半身のケガの影響か、消極的な相撲だった初日の嘉風戦とは打って変わって、この日はしつこく得意の左から攻めた。左おっつけからの左差しで、土俵際に強い隠岐の海を無難に寄り切った。

 支度部屋では「左から攻める意識? まあ、そうっすね。いいんじゃないですか。左の状態? 問題ないっす」と、普段通り淡々と語った。土俵下で待機中、玉鷲に押し出されて転落した187キロの照ノ富士の尻が左腕に落ちてくるハプニングもあったが、「まあ、いろいろあるんじゃない。大丈夫ですよ。気が紛れた」と、この日は軽口を叩く余裕も見せた。

 とはいえ、この勝利で「不安払拭」とみるのは早計だ。なにせ、本場所は残り13日。初日の相撲を見る限り、左上半身が万全でないのは明らか。この日は連敗を避けるため、痛めている左腕を渋々使ったという見方もできる。左上半身がいまだ弱点であることに変わりはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る