次戦はジョコと 錦織はランク再浮上へ依然踏ん張りどころ

公開日: 更新日:

 陣営はほっとしているのではないか。

 錦織圭(27)は3月のマイアミ・オープン(OP)で右手首を痛めて約1カ月半ぶりにツアーに復帰。マドリード・オープン3回戦の相手は、驚異的な粘りが身上のD・フェレール(35=世界ランク30位)だ。錦織は2014年の今大会の準決勝で対戦し、2時間56分の激闘で勝ったものの体のダメージは大きく、決勝ではクレーの王者・ナダルから第1セットを奪うも腰痛で途中棄権した。

 当時は世界5位で錦織(同12位)を苦しめたフェレールもすでに35歳。この日は錦織のフォアで左右に振られ体力を消耗。ほとんど主導権を奪えず1時間25分でストレート負けした。

「出だしから攻めていかないといけない相手と分かっていた。フォアで攻めて主導権を握ることができた。体の調子に気をつけて次の試合も頑張る」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 8

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る