錦織圭が右手首痛から復帰 マドリードOP初戦に向け調整

公開日:

 右手首痛で公式戦から離れていた男子テニスの錦織圭(27=世界ランキング7位)が7日(日本時間8日未明)、復帰初戦となるマドリード・オープン(スペイン)に向けて同地の練習コートで調整。ストロークやボレー、サーブを入念に確認するなど、約1時間半の練習を行った。3月下旬のマイアミ・オープンで痛めた右手首は万全ではないのだろう。患部をテーピングで固定し、リストバンドを着けて打ち込んだ。

 今大会、第6シードに入った錦織は8日以降の2回戦から登場。世界ランク19位のアルベルト・ラモス(29=スペイン)、同46位のディエゴ・シュワルツマン(24=アルゼンチン)の勝者と対戦する。

 1カ月以上、実戦から遠ざかっていた錦織にとって今大会は単なる復帰戦にとどまらない。今回の会場であるマドリード・アリーナは28日に開幕する4大大会全仏オープン(フランス)と同じクレーコート。いわば全仏の前哨戦だ。世界1位のアンディ・マリー(29=英国)らと対戦する可能性もある錦織は、全仏を前に完全復活をアピールできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る