補強失敗は昔から G菅野1失点&阿部4打点なら勝って当然

公開日: 更新日:

「新しく取った3人がいないじゃねえか。(理由は)スカウトに聞いてくれ」と読売新聞グループ本社の渡辺恒雄・代表取締役・主筆(90)が苦言を呈してから1週間。FAで獲得した陽岱鋼山口俊と森福の3人のうち、一軍にいるのは、この日(16日)に昇格した森福ひとり。残りの2人は、いまだ三軍でくすぶったままだ。

 高卒3年目の岡本を筆頭に、若手がなかなか台頭しないことで育成を疑問視する声も上がっている。

 ただ、補強の失敗で何億円もドブに捨てるのは巨人の専売特許。育成下手も今に始まったことではない。働くべき選手が働けば、野球は勝つようにできている。16日がまさにそうだった。

 初回に4番の阿部慎之助(38)が左越え2点本塁打を放って先制すると、五回にも2点適時打で計4打点。先発した菅野智之(27)は8回6安打1失点で6三振を奪い、わずか91球の好投でリーグトップタイの5勝目(1敗)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る