敵は広島? 3位巨人が首位阪神に余裕しゃくしゃくのワケ

公開日:

 今度はたった3安打で勝った。

 17日の中日戦、阪神は先発の能見が七回途中1失点の好投。五回2死から原口のソロ本塁打で先制すると、同点の八回には高山の適時二塁打で勝ち越しに成功した。

 わずか3安打で2得点。2-1で競り勝って4連勝とした阪神の金本監督は「今日は能見じゃないか。桑原、マテオの3人で勝った」と3人の投手を絶賛した。6日の広島戦で9点差をひっくり返した逆転勝ちの勢いはそのままに、5月は10勝2敗と波に乗っている。

 が、来週23日から甲子園で3連戦を行う巨人はまだ鷹揚に構えている選手が多い。ある選手は「阪神? 今年はなんで強いんでしょうね。正直、怖いという感じがしない」と言い、「それより、やっぱり広島でしょ」と話している。先週末の2連戦で広島に19失点とボコボコにされて連敗。今季の広島戦は1勝7敗だ。村田ヘッドコーチは「広島に勝たないと」と昨季のリーグ優勝チームに一方的にやられる惨状を憂えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る