• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国内ゴルフ凋落の象徴 全米0P意欲の日本男子わずか21人

 メジャー大会の全米オープン(6月15日開幕)と全米女子オープン(7月13日開幕)の最終予選が、22日行われた。

 男子大会はすでに松山英樹、池田勇太、谷原秀人に資格があり、会場(小野GC・兵庫)には4枠を巡って36選手が出場。36ホールをプレーして11アンダーの小平智が単独首位に立ちイチ抜け。

 7アンダー2位タイの6選手が、残り3枠を争ってプレーオフに突入。今平周吾、チャン・キム、宮里優作が本戦の出場権を獲得した。

 女子会場(日野GC・滋賀)にはプロ、アマ75選手が出場。

 8アンダー首位タイの葭葉ルミと森田遥、7アンダー3位のサイ・ペイインがまず決定。5アンダー4位タイに並んだ4選手のプレーオフになり、川岸史果が最後の切符を手に入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事