いきなり3時間超の苦戦 錦織が逆転勝利で全仏OP初戦突破

公開日:  更新日:

 予想外の苦戦だった。

 世界ランク9位で第8シードの錦織圭(27)は、1回戦でノーシードのタナシ・コキナキス(21=豪州)と対戦。初顔合わせの相手は15年8月のロジャーズカップで、キリオス(19位)が試合中にワウリンカ(同3位)に向かって「タナシはあんたの彼女(=女子テニスのドナ・ベキッチ)と寝た」と言って罰金を食らった一件の当事者だ。

 そんな相手に第1セットを落とし、その後もコキナキスの200キロを超えるサーブと強力なフォアに苦しみながらも3セット連続で奪取。3年連続で初戦を突破した。

 例年は全仏の前週は試合に出場せず調整に充てていたが、今年は右手首故障による約1カ月半の戦線離脱があり、復帰後は2大会で計4試合しか戦えなかったため、前週のジュネーブ・オープンに急きょ出場。ベスト4まで勝ち進み、クレーコートでの試合勘を取り戻した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る