全仏直前の急きょ大会出場は錦織圭にプラスかマイナスか

公開日:

「本末転倒」にならないか。

 21日開幕のジュネーブ・オープン(スイス)に急きょ、出場を決めた錦織圭(27)のことだ。

 18日のイタリア国際3回戦でデルポトロ(アルゼンチン)にストレート負け。「(赤土の)試合数をこなせなかった。もう少しプレーの質を上げないと、全仏でも上に行けない」と話したように、28日開幕の全仏を前に試合勘を取り戻すのが目的らしい。

 とはいえ、錦織はこれまで、4大大会の前週は公式戦を休み、調整に専念してきた。トップクラスの選手と比べてサービスエースは少なく、5セットマッチをフルに戦わなければならない4大大会は、ただでさえ肉体的な負担が大きいからだ。

 錦織は3月のマイアミ・オープンで右手首を痛め、約1カ月半、実戦から遠ざかった。復帰後2試合はいずれも早い段階で敗れている。試合勘を取り戻したい気持ちは理解できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る