• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海外若手が急伸 故障続きの錦織を脅かす下からの突き上げ

 若くてもすぐにタイトルを手にする者もいる。

 錦織圭(27)が3回戦で姿を消したテニスのイタリア国際男子シングルス決勝は、第16シードのアレクサンダー・ズベレフ(20=ドイツ)が、第2シードのジョコビッチ(30)をストレートで破り、マスターズ大会初優勝。世界ランクは17位から10位に浮上した。

 ズベレフは198センチの長身から繰り出す高速サーブと強烈なフォアが武器。甘いマスクで女性ファンも多い。昨年9月にワウリンカを下してツアー初優勝。19歳だった今年1月の全豪では3回戦で第9シードのナダルと対戦。第1セットを奪うなど4時間5分の激闘の末に敗れたものの、急成長を印象付けた。

 対照的なのが世界ランク9位の錦織だ。第7シードで臨んだイタリア国際は3回戦で、同34位のフアンマルティン・デルポトロ(28=アルゼンチン)にストレートで負けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事