日本力士で横綱大関3人でも…モンゴル勢優位が続く理由

公開日:

 横綱白鵬(32)が全勝で1年ぶり38度目の優勝を果たした大相撲夏場所。

 28日、照ノ富士に敗れて4敗目を喫したものの、関脇高安(27)の大関昇進はすでに内定。これで同部屋の横綱稀勢の里(30)、豪栄道(31)とともに大関以上の日本出身力士は7人中3人になるが、まだまだモンゴル勢の牙城を崩すのは難しいのではないか。

 稀勢の里にしても高安にしても、技術的な欠点を抱えているからだ。

 高安は「はたき癖」だ。前日の正代戦は立ち合いでかち上げをかますも、押し出せないうちに引いたことが敗因に。「はたきは癖になるから稽古で直してほしい」と八角理事長から注文を付けられたにもかかわらず、この日の照ノ富士戦でも押し切らないうちにはたいてしまい、そこを付け込まれた。

 稀勢の里はもともと腰高で、立ち合いからの怒涛の寄りにもろい。10日目までの4敗は、すべて同じパターンでやられたもの。いずれも5秒前後のスピード決着だった。がっぷり四つに組んでの体力勝負に持ち込めればともかく、一気の押しに弱いのは大関時代からの欠点でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る