日本力士で横綱大関3人でも…モンゴル勢優位が続く理由

公開日: 更新日:

 横綱白鵬(32)が全勝で1年ぶり38度目の優勝を果たした大相撲夏場所。

 28日、照ノ富士に敗れて4敗目を喫したものの、関脇高安(27)の大関昇進はすでに内定。これで同部屋の横綱稀勢の里(30)、豪栄道(31)とともに大関以上の日本出身力士は7人中3人になるが、まだまだモンゴル勢の牙城を崩すのは難しいのではないか。

 稀勢の里にしても高安にしても、技術的な欠点を抱えているからだ。

 高安は「はたき癖」だ。前日の正代戦は立ち合いでかち上げをかますも、押し出せないうちに引いたことが敗因に。「はたきは癖になるから稽古で直してほしい」と八角理事長から注文を付けられたにもかかわらず、この日の照ノ富士戦でも押し切らないうちにはたいてしまい、そこを付け込まれた。

 稀勢の里はもともと腰高で、立ち合いからの怒涛の寄りにもろい。10日目までの4敗は、すべて同じパターンでやられたもの。いずれも5秒前後のスピード決着だった。がっぷり四つに組んでの体力勝負に持ち込めればともかく、一気の押しに弱いのは大関時代からの欠点でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る