帝王ニクラスも苦言 全米OPコース様変わりに協会の苦悩

公開日: 更新日:

 15日から始まる全米オープンゴルフの会場は、2006年にオープンしたエリンヒルズゴルフコース(ウィスコンシン州)というパブリックのゴルフ場だ。北米大陸中部に位置する。

 1895年にスタートした今大会は、バルタスロール(ニュージャージー州)、オークモント(ペンシルベニア州)、オリンピック(カリフォルニア州)、メリオン(ペンシルベニア州)といった歴史のある名門コースで開催されてきた。しかし、コースの総ヤーデージを延ばすことができず、近年のトッププロたちの飛距離に対応ができなくなりつつある。300ヤード以上も飛ばすプロが増えてくると、450ヤードのパー4でも2打目はショートアイアンかウエッジでグリーンを狙える。従来からの全米オープン設定であるフェアウエーを狭くして、ラフを深くすることが、必ずしも難易度を上げることにつながらず、選手の能力を最大限引き出せるコースとしては物足りなくなってきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る