全米オープンゴルフ 「パブリックコース」開催増の裏事情

公開日:

 全米ゴルフ協会(USGA)の最大の収入源は、テレビ放映権料だ。USGAはフォックス社と12年契約で11億ドル、年間9300万ドル、日本円にすれば年間100億円を超える放映権契約を結んでいる。これには女子オープンや全米アマなど、USGAが主催する13試合の放映権が含まれているのだが、やはり目玉は全米オープンだ。視聴者がゴルフに興味を持っても、一部の金持ちしか入会できない名門コースばかりが舞台では視聴率が稼げない。

 かつてアメリカではプライベート・メンバーシップコースとパブリックコースとの割合が半々といわれていた。昨今では、メンバーコースの割合が全体の3分の1から4分の1近くまで減った。

 USGAを支えているのは基本的にはメンバーコースだ。理事も役員も名門クラブから選ばれることが多いものの、メンバーコースが減少し、ゴルフ人口も激減している昨今、パブリックコースを利用するゴルファーに目を向けない限り、USGAが唱える「ゴルフの普及」も、ただのお題目で終わってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る