ミケルソンはやはり欠場 生涯GSの名誉より家族愛を優先

公開日:

 やはり、その姿は会場になかった。

 史上6人目の「生涯グランドスラム」を目指すミケルソン(写真=AP)にとって、全米オープンのタイトルは「喉から手」。しかし、この日はカリフォルニア州サンディエゴの高校に通う娘アマンダさんの卒業式。しかも、アマンダさんは学校の生徒会長で、卒業スピーチを行うことになっている。

 メジャー5勝を含む米ツアー通算42勝(歴代9位)のミケルソンは今大会で2位が6度(99、02、04、06、09、13年)もあり、99年大会(2位)ではエイミー夫人が出産を控えていたため、仮にプレーオフにもつれ込んでも夫人の出産に立ち会うため、翌日の「決戦」は棄権すると語っていた。

 そんな愛妻家は今回も悲願のタイトルより家族愛を優先した。米ツアーを牽引してきたミケルソンとT・ウッズが揃ってメジャーを欠場するのは94年のマスターズ以来だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る