ミケルソンはやはり欠場 生涯GSの名誉より家族愛を優先

公開日:

 やはり、その姿は会場になかった。

 史上6人目の「生涯グランドスラム」を目指すミケルソン(写真=AP)にとって、全米オープンのタイトルは「喉から手」。しかし、この日はカリフォルニア州サンディエゴの高校に通う娘アマンダさんの卒業式。しかも、アマンダさんは学校の生徒会長で、卒業スピーチを行うことになっている。

 メジャー5勝を含む米ツアー通算42勝(歴代9位)のミケルソンは今大会で2位が6度(99、02、04、06、09、13年)もあり、99年大会(2位)ではエイミー夫人が出産を控えていたため、仮にプレーオフにもつれ込んでも夫人の出産に立ち会うため、翌日の「決戦」は棄権すると語っていた。

 そんな愛妻家は今回も悲願のタイトルより家族愛を優先した。米ツアーを牽引してきたミケルソンとT・ウッズが揃ってメジャーを欠場するのは94年のマスターズ以来だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る