ミケルソンはやはり欠場 生涯GSの名誉より家族愛を優先

公開日: 更新日:

 やはり、その姿は会場になかった。

 史上6人目の「生涯グランドスラム」を目指すミケルソン(写真=AP)にとって、全米オープンのタイトルは「喉から手」。しかし、この日はカリフォルニア州サンディエゴの高校に通う娘アマンダさんの卒業式。しかも、アマンダさんは学校の生徒会長で、卒業スピーチを行うことになっている。

 メジャー5勝を含む米ツアー通算42勝(歴代9位)のミケルソンは今大会で2位が6度(99、02、04、06、09、13年)もあり、99年大会(2位)ではエイミー夫人が出産を控えていたため、仮にプレーオフにもつれ込んでも夫人の出産に立ち会うため、翌日の「決戦」は棄権すると語っていた。

 そんな愛妻家は今回も悲願のタイトルより家族愛を優先した。米ツアーを牽引してきたミケルソンとT・ウッズが揃ってメジャーを欠場するのは94年のマスターズ以来だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る