借金まみれ巨人で唯一ウハウハ 田口は“坂本超え”昇給狙う

公開日:  更新日:

 巨人の田口麗斗(21)が地方球場初勝利を挙げた。山形で行われた27日のヤクルト戦に先発。山田に2ランを浴びたが、七回途中まで6安打3失点で粘り、6勝目(2敗)を手にした。試合前まで2.10でリーグトップだった防御率は2.26となり、2位に陥落したものの、自身3度目の地方登板で初めて勝った。巨人の借金は1つ減って7となった。

 13年のドラフト3位で入団して4年目。昨季は10勝(10敗)でチームの勝ち頭になって、今や菅野、マイコラスとともに「先発3本柱」といわれる。坂本が06年の高校生ドラフト1巡目で入団してから10年が経過。この間に高卒選手で主力に成長したのは、坂本と田口の2人しかいない。それだけに、「育成」を掲げる鹿取義隆GM(60)にとっては大事な存在だ。

■巨人離れ食い止める“希望の星”

 球団ワーストの13連敗を喫したことで、マスコミには散々「育成ベタ」を指摘され、高校野球の現場で巨人離れが進んでいるという。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る