「開幕2試合でアピール」 マインツ武藤が代表復帰へ決意

公開日:

 慶応大在学中だった14年9月のウルグアイ戦で日本代表デビューを果たし、英プレミアの名門チェルシーからもオファーを受けた日本代表FW武藤嘉紀(24=独ブンデスリーガ1部マインツ)。16年の2度の右膝負傷で苦境を強いられ、代表からも遠ざかってしまった。勝負のマインツ3年目に向け、先月30日に渡欧したストライカーの心情を聞いた――。

 不完全燃焼の続く点取り屋は、英プレミア・レスター所属のFW岡崎慎司が「13―14シーズンに記録した15得点超え」を声高らかに宣言した。

「1シーズン15得点っていうのは、試合に出続けてチャンスをモノにできれば、決して不可能な数字じゃない。それは2年間、ドイツで戦って感じたこと。ケガをせず、良い意味でエゴイストにならなきゃいけない。PKを譲り、それで1得点取れなかった、ではもったいない。チームメートに『コイツ、変わっちゃったな』『一体どうしたんだ?』って思われるくらいの《強さ》も、大事なのかなって思います」と彼は語気を強めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る