W杯予選は日本に勝機あり 六川亨氏が難敵豪州の戦力分析

公開日:

 ロシアで開催されている「コンフェデ杯」ドイツとオーストラリアとの一戦(日本時間20日午前0時キックオフ)は、ロシアW杯アジア最終予選を戦っている日本代表にとって見逃せない戦いである。

 8月31日、日本は埼玉でオーストラリアとW杯最終予選を戦うが、この試合に「勝てばロシア行きが決まる」。大一番を控え、戦力分析などの絶好のチャンスなのだ。

 試合は、序盤から若手主体のドイツがペースを握り、開始5分に先制ゴールを奪った。防戦一方のオーストラリアは前半41分、MFロギッチが左足で同点ゴール! しかし、3分後にドイツにPKを献上。後半3分にも失点して1―3とリードを広げられた。それでもオーストラリアは後半11分、身長190センチFWユリッチのゴールで1点差に追いすがり、終盤には37歳ベテランFWケーヒルを投入して勝負に出たが、若くても老練なプレーを抜け目なく発揮したドイツが逃げ切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る