W杯予選は日本に勝機あり 六川亨氏が難敵豪州の戦力分析

公開日: 更新日:

 ロシアで開催されている「コンフェデ杯」ドイツとオーストラリアとの一戦(日本時間20日午前0時キックオフ)は、ロシアW杯アジア最終予選を戦っている日本代表にとって見逃せない戦いである。

 8月31日、日本は埼玉でオーストラリアとW杯最終予選を戦うが、この試合に「勝てばロシア行きが決まる」。大一番を控え、戦力分析などの絶好のチャンスなのだ。

 試合は、序盤から若手主体のドイツがペースを握り、開始5分に先制ゴールを奪った。防戦一方のオーストラリアは前半41分、MFロギッチが左足で同点ゴール! しかし、3分後にドイツにPKを献上。後半3分にも失点して1―3とリードを広げられた。それでもオーストラリアは後半11分、身長190センチFWユリッチのゴールで1点差に追いすがり、終盤には37歳ベテランFWケーヒルを投入して勝負に出たが、若くても老練なプレーを抜け目なく発揮したドイツが逃げ切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る