W杯予選は日本に勝機あり 六川亨氏が難敵豪州の戦力分析

公開日:

 ロシアで開催されている「コンフェデ杯」ドイツとオーストラリアとの一戦(日本時間20日午前0時キックオフ)は、ロシアW杯アジア最終予選を戦っている日本代表にとって見逃せない戦いである。

 8月31日、日本は埼玉でオーストラリアとW杯最終予選を戦うが、この試合に「勝てばロシア行きが決まる」。大一番を控え、戦力分析などの絶好のチャンスなのだ。

 試合は、序盤から若手主体のドイツがペースを握り、開始5分に先制ゴールを奪った。防戦一方のオーストラリアは前半41分、MFロギッチが左足で同点ゴール! しかし、3分後にドイツにPKを献上。後半3分にも失点して1―3とリードを広げられた。それでもオーストラリアは後半11分、身長190センチFWユリッチのゴールで1点差に追いすがり、終盤には37歳ベテランFWケーヒルを投入して勝負に出たが、若くても老練なプレーを抜け目なく発揮したドイツが逃げ切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る