オリ西144球の完投負け “懲罰投球”は百害あって一利なし

公開日:

 プロ野球界は何年経っても、変わらないのか。

 昨季、阪神の金本監督が藤浪に161球を投げさせ、話題になった懲罰投球。新たな犠牲者となったのが、オリックスの西だ。4日のソフトバンク戦に先発して三回までに4点を失うも、福良監督は動かず。結局、西はわずか2安打と打線の援護にも恵まれないまま144球を投げて完投負けを喫した。

 敗戦後、指揮官は怒気をはらんだ口調で、「かわそう、かわそうとしていた。中8日で調整しているんだから、あり得ない。責任を持って投げてもらわないと」と、西をやり玉に挙げた。

 メジャー挑戦の経験があり、ロッテなどで投手コーチを務めた評論家の小川邦和氏は「これが『リリーフを休ませるため』という理由があるならばともかく……」と、こう続ける。

「怒りに任せた采配だとすれば、監督のエゴでしょう。それでは百害あって一利なし。どんな投手だって、打たれる時は打たれる。そのたびに感情的になっていては、『そんなことくらいで……』とナインの心も離れてしまう。昔、巨人の川上監督が同様の懲罰投球をさせて、正力オーナーに『私情を試合で出すな』と説教されたこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る