オリ西144球の完投負け “懲罰投球”は百害あって一利なし

公開日: 更新日:

 プロ野球界は何年経っても、変わらないのか。

 昨季、阪神の金本監督が藤浪に161球を投げさせ、話題になった懲罰投球。新たな犠牲者となったのが、オリックスの西だ。4日のソフトバンク戦に先発して三回までに4点を失うも、福良監督は動かず。結局、西はわずか2安打と打線の援護にも恵まれないまま144球を投げて完投負けを喫した。

 敗戦後、指揮官は怒気をはらんだ口調で、「かわそう、かわそうとしていた。中8日で調整しているんだから、あり得ない。責任を持って投げてもらわないと」と、西をやり玉に挙げた。

 メジャー挑戦の経験があり、ロッテなどで投手コーチを務めた評論家の小川邦和氏は「これが『リリーフを休ませるため』という理由があるならばともかく……」と、こう続ける。

「怒りに任せた采配だとすれば、監督のエゴでしょう。それでは百害あって一利なし。どんな投手だって、打たれる時は打たれる。そのたびに感情的になっていては、『そんなことくらいで……』とナインの心も離れてしまう。昔、巨人の川上監督が同様の懲罰投球をさせて、正力オーナーに『私情を試合で出すな』と説教されたこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る