オリ西144球の完投負け “懲罰投球”は百害あって一利なし

公開日: 更新日:

 プロ野球界は何年経っても、変わらないのか。

 昨季、阪神の金本監督が藤浪に161球を投げさせ、話題になった懲罰投球。新たな犠牲者となったのが、オリックスの西だ。4日のソフトバンク戦に先発して三回までに4点を失うも、福良監督は動かず。結局、西はわずか2安打と打線の援護にも恵まれないまま144球を投げて完投負けを喫した。

 敗戦後、指揮官は怒気をはらんだ口調で、「かわそう、かわそうとしていた。中8日で調整しているんだから、あり得ない。責任を持って投げてもらわないと」と、西をやり玉に挙げた。

 メジャー挑戦の経験があり、ロッテなどで投手コーチを務めた評論家の小川邦和氏は「これが『リリーフを休ませるため』という理由があるならばともかく……」と、こう続ける。

「怒りに任せた采配だとすれば、監督のエゴでしょう。それでは百害あって一利なし。どんな投手だって、打たれる時は打たれる。そのたびに感情的になっていては、『そんなことくらいで……』とナインの心も離れてしまう。昔、巨人の川上監督が同様の懲罰投球をさせて、正力オーナーに『私情を試合で出すな』と説教されたこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る