• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実は契約最終年 DeNAラミレス監督は進退問題も発奮材料

「2年契約の最終年を迎えるラミちゃんの続投ハードルは高いそうです」

 こう話すのは、ある放送関係者。

 前半戦を貯金2の3位で終えたDeNA。主砲の筒香、首位打者の宮崎(.349)、打点王のロペス(67打点)を擁する打線は広島以上との声すらライバル球団から聞こえてくる。

 首位広島とは10.5ゲーム差だが、2年連続Aクラス、2位通過でのCS本拠地開催、CSを突破しての日本シリーズ進出の可能性は残っている。

「10年連続Bクラスだった球団を2年連続でAクラスに導けば、普通は続投でしょう。でも、DeNAは新規参入時、創設5年で優勝という目標を掲げた。4年間、中畑監督で地ならしをし、創設6年目の今季は優勝を狙う勝負の年。2年連続Aクラスでも、CS敗退なら進退問題が浮上するともっぱらです」(前出の放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る