実は契約最終年 DeNAラミレス監督は進退問題も発奮材料

公開日:

「2年契約の最終年を迎えるラミちゃんの続投ハードルは高いそうです」

 こう話すのは、ある放送関係者。

 前半戦を貯金2の3位で終えたDeNA。主砲の筒香、首位打者の宮崎(.349)、打点王のロペス(67打点)を擁する打線は広島以上との声すらライバル球団から聞こえてくる。

 首位広島とは10.5ゲーム差だが、2年連続Aクラス、2位通過でのCS本拠地開催、CSを突破しての日本シリーズ進出の可能性は残っている。

「10年連続Bクラスだった球団を2年連続でAクラスに導けば、普通は続投でしょう。でも、DeNAは新規参入時、創設5年で優勝という目標を掲げた。4年間、中畑監督で地ならしをし、創設6年目の今季は優勝を狙う勝負の年。2年連続Aクラスでも、CS敗退なら進退問題が浮上するともっぱらです」(前出の放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る