オーナー続投明言せず 由伸監督マギー2番二塁でアピール

公開日: 更新日:

 巨人の高橋由伸監督(42)が12日、東京ドームでのヤクルト戦前に読売新聞東京本社を訪れ、老川祥一オーナー(75)やグループ本社の渡辺恒雄主筆(91)らに前半戦の報告を行った。

 3年契約2年目の今季は、球団ワースト記録を更新する13連敗を喫するなど低迷。堤GMが事実上の解任となり、今月1日には自力優勝の可能性が消えるなど散々な前半戦だっただけに、取材に応じた老川オーナーは微妙なニュアンスだった。

「長嶋さん、王さんも非常に苦しい時期があったわけで、今は2年目だけど、今年はもちろん頑張ってもらうとして、来年もしっかり頑張っていただけるようにということ」

 そう言って由伸巨人3年目となる来季について言及した、と思いきや、すぐに、「来年の話? いや、具体的に来年どうのということではない。来年、チーム全体が強くなっていけるようにということ」と一般論だと強調。報道陣の「契約が残る来年まで引き続き指揮を執ってもらいたい?」という質問には「そんな先のことを言っているわけではない。来年どうしようという、そんなところまで話に出ていない」と来季の続投については、最後まで言及を避けたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    美女ドライバーを違反切符で口説こうとした警察官は誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る