• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オーナー続投明言せず 由伸監督マギー2番二塁でアピール

 巨人の高橋由伸監督(42)が12日、東京ドームでのヤクルト戦前に読売新聞東京本社を訪れ、老川祥一オーナー(75)やグループ本社の渡辺恒雄主筆(91)らに前半戦の報告を行った。

 3年契約2年目の今季は、球団ワースト記録を更新する13連敗を喫するなど低迷。堤GMが事実上の解任となり、今月1日には自力優勝の可能性が消えるなど散々な前半戦だっただけに、取材に応じた老川オーナーは微妙なニュアンスだった。

「長嶋さん、王さんも非常に苦しい時期があったわけで、今は2年目だけど、今年はもちろん頑張ってもらうとして、来年もしっかり頑張っていただけるようにということ」

 そう言って由伸巨人3年目となる来季について言及した、と思いきや、すぐに、「来年の話? いや、具体的に来年どうのということではない。来年、チーム全体が強くなっていけるようにということ」と一般論だと強調。報道陣の「契約が残る来年まで引き続き指揮を執ってもらいたい?」という質問には「そんな先のことを言っているわけではない。来年どうしようという、そんなところまで話に出ていない」と来季の続投については、最後まで言及を避けたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  3. 3

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

もっと見る