• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オーナー続投明言せず 由伸監督マギー2番二塁でアピール

 巨人の高橋由伸監督(42)が12日、東京ドームでのヤクルト戦前に読売新聞東京本社を訪れ、老川祥一オーナー(75)やグループ本社の渡辺恒雄主筆(91)らに前半戦の報告を行った。

 3年契約2年目の今季は、球団ワースト記録を更新する13連敗を喫するなど低迷。堤GMが事実上の解任となり、今月1日には自力優勝の可能性が消えるなど散々な前半戦だっただけに、取材に応じた老川オーナーは微妙なニュアンスだった。

「長嶋さん、王さんも非常に苦しい時期があったわけで、今は2年目だけど、今年はもちろん頑張ってもらうとして、来年もしっかり頑張っていただけるようにということ」

 そう言って由伸巨人3年目となる来季について言及した、と思いきや、すぐに、「来年の話? いや、具体的に来年どうのということではない。来年、チーム全体が強くなっていけるようにということ」と一般論だと強調。報道陣の「契約が残る来年まで引き続き指揮を執ってもらいたい?」という質問には「そんな先のことを言っているわけではない。来年どうしようという、そんなところまで話に出ていない」と来季の続投については、最後まで言及を避けたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る