池江璃花子100バタ準決勝進出も…400リレーは疲れで失速

公開日: 更新日:

 驚異的なスタミナを誇る女子高生スイマーが早くも失速である。

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日に競泳が開幕。女子のエースである池江璃花子(17=淑徳巣鴨高2年)は2種目(100メートルバタフライ、400メートルフリーリレー)に登場。昨夏のリオ五輪で5位入賞を果たした100メートルバタフライ準決勝では56秒89と自身の持つ日本記録56秒86まで0秒03に迫る好タイムをマーク。全体4位で決勝進出を決めた。

 まずは好スタートを切った池江は「57秒台を目標にしていたが、それ以上に速く、感覚も良かった。後半に伸びが出てきて、タッチとターンが合えば、自己ベストが出ていたと思う」と手応えを口にした。

 もっとも、大舞台初日で緊張や力みもあったのだろう。この日の4レース目となった女子400メートルフリーリレー決勝では第1泳者(自由形)として臨んだが、54秒59で自身の日本記録53秒68から0秒91と出遅れ。後続3人も巻き返せずに日本は7位に終わった。

 今大会の池江は最大で8種目に出場する予定だ。世界を相手に強靱なスタミナを最後まで維持できるか。

 なお、男子400メートルフリーリレーは3分13秒65の日本新をマークしながら5位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る