• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

池江璃花子100バタ準決勝進出も…400リレーは疲れで失速

 驚異的なスタミナを誇る女子高生スイマーが早くも失速である。

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日に競泳が開幕。女子のエースである池江璃花子(17=淑徳巣鴨高2年)は2種目(100メートルバタフライ、400メートルフリーリレー)に登場。昨夏のリオ五輪で5位入賞を果たした100メートルバタフライ準決勝では56秒89と自身の持つ日本記録56秒86まで0秒03に迫る好タイムをマーク。全体4位で決勝進出を決めた。

 まずは好スタートを切った池江は「57秒台を目標にしていたが、それ以上に速く、感覚も良かった。後半に伸びが出てきて、タッチとターンが合えば、自己ベストが出ていたと思う」と手応えを口にした。

 もっとも、大舞台初日で緊張や力みもあったのだろう。この日の4レース目となった女子400メートルフリーリレー決勝では第1泳者(自由形)として臨んだが、54秒59で自身の日本記録53秒68から0秒91と出遅れ。後続3人も巻き返せずに日本は7位に終わった。

 今大会の池江は最大で8種目に出場する予定だ。世界を相手に強靱なスタミナを最後まで維持できるか。

 なお、男子400メートルフリーリレーは3分13秒65の日本新をマークしながら5位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る