池江璃花子100バタ準決勝進出も…400リレーは疲れで失速

公開日: 更新日:

 驚異的なスタミナを誇る女子高生スイマーが早くも失速である。

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は23日に競泳が開幕。女子のエースである池江璃花子(17=淑徳巣鴨高2年)は2種目(100メートルバタフライ、400メートルフリーリレー)に登場。昨夏のリオ五輪で5位入賞を果たした100メートルバタフライ準決勝では56秒89と自身の持つ日本記録56秒86まで0秒03に迫る好タイムをマーク。全体4位で決勝進出を決めた。

 まずは好スタートを切った池江は「57秒台を目標にしていたが、それ以上に速く、感覚も良かった。後半に伸びが出てきて、タッチとターンが合えば、自己ベストが出ていたと思う」と手応えを口にした。

 もっとも、大舞台初日で緊張や力みもあったのだろう。この日の4レース目となった女子400メートルフリーリレー決勝では第1泳者(自由形)として臨んだが、54秒59で自身の日本記録53秒68から0秒91と出遅れ。後続3人も巻き返せずに日本は7位に終わった。

 今大会の池江は最大で8種目に出場する予定だ。世界を相手に強靱なスタミナを最後まで維持できるか。

 なお、男子400メートルフリーリレーは3分13秒65の日本新をマークしながら5位に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る