メダル叶わず号泣 池江璃花子は後半伸びず6位「悔しい」

公開日: 更新日:

 女子高生スイマーが世界の壁に阻まれた。今大会は女子のエースとしてメダル獲得が期待された池江璃花子(17)。得意の100メートルバタフライは57秒08の平凡なタイムで6位に終わった。

 池江は全体4位で決勝に進出しながら、この日は後半の50メートルでタイムが伸びず、海外の上位陣に後れを取って表彰台はならなかった。

 世界の大舞台で初のメダル取りを逃した池江は「全く駄目だった。自分の実力が及ばず悔しい。実力不足だなと思う」と話すと人目をはばからずに号泣。今大会は残り4種目(リレーも含む)に出場する予定で「(28日の)50メートル(バタフライ)では気持ちを切り替えて、またメダルを狙いたい」と涙を見せながらも前向きに話した。

 今大会のメダル第1号は大橋に譲ったが、女子高生スイマーは表彰台で笑顔を見せられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る