豪戦でもゴール なでしこ籾木結花は“経験のなさ”も強み

公開日: 更新日:

 米国西海岸で開催中の「トーナメント オブ ネーションズ」。「なでしこジャパン」が31日(現地時間30日)、オーストラリアとの第2戦を戦った。ベレーザFW田中美南のゴールで先制するも、その後は連続失点を喫し2―4で完敗した。

 これまで新戦力を試す際には最終ライン、中盤、両サイドに必ず代表経験が豊富で“計算のできる選手”を入れて「チームの軸」を確保していた。

 しかし、この試合では7人のフレッシュな選手が先発に顔をそろえた。

 一方、リオデジャネイロ五輪から大幅な世代交代がないオーストラリアは、すでに熟成度が高まったチームである。さらに大会初戦で強豪の米国から初白星を挙げた勢いは、冷めていなかった。

 それでも開始6分で今大会初のセットプレーからFW田中美南が、体に当ててねじ込んだ先制点は、勝利への期待を抱かせるに十分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  2. 2

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  9. 9

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

  10. 10

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

もっと見る