豪戦でもゴール なでしこ籾木結花は“経験のなさ”も強み

公開日:

 米国西海岸で開催中の「トーナメント オブ ネーションズ」。「なでしこジャパン」が31日(現地時間30日)、オーストラリアとの第2戦を戦った。ベレーザFW田中美南のゴールで先制するも、その後は連続失点を喫し2―4で完敗した。

 これまで新戦力を試す際には最終ライン、中盤、両サイドに必ず代表経験が豊富で“計算のできる選手”を入れて「チームの軸」を確保していた。

 しかし、この試合では7人のフレッシュな選手が先発に顔をそろえた。

 一方、リオデジャネイロ五輪から大幅な世代交代がないオーストラリアは、すでに熟成度が高まったチームである。さらに大会初戦で強豪の米国から初白星を挙げた勢いは、冷めていなかった。

 それでも開始6分で今大会初のセットプレーからFW田中美南が、体に当ててねじ込んだ先制点は、勝利への期待を抱かせるに十分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る