• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豪戦でもゴール なでしこ籾木結花は“経験のなさ”も強み

 米国西海岸で開催中の「トーナメント オブ ネーションズ」。「なでしこジャパン」が31日(現地時間30日)、オーストラリアとの第2戦を戦った。ベレーザFW田中美南のゴールで先制するも、その後は連続失点を喫し2―4で完敗した。

 これまで新戦力を試す際には最終ライン、中盤、両サイドに必ず代表経験が豊富で“計算のできる選手”を入れて「チームの軸」を確保していた。

 しかし、この試合では7人のフレッシュな選手が先発に顔をそろえた。

 一方、リオデジャネイロ五輪から大幅な世代交代がないオーストラリアは、すでに熟成度が高まったチームである。さらに大会初戦で強豪の米国から初白星を挙げた勢いは、冷めていなかった。

 それでも開始6分で今大会初のセットプレーからFW田中美南が、体に当ててねじ込んだ先制点は、勝利への期待を抱かせるに十分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事